経済大臣、ドバイサミットで持続可能な開発目標の実施に向けた政府の取り組みを強調

Agenda.ge

ジョージアのレヴァン・ダヴィタシュビリ経済大臣は火曜日、ドバイで開催中の世界政府サミットでのコメントの中で、国連の持続可能な開発目標の実施におけるジョージア政府の努力を強調した。

同大臣は、ジョージアは持続可能な変革に関する2015年の国連総会決議に「最初に参加した国の一つ」であると述べ、同決議に概説されているSDGsの実施がジョージアではすでに始まっているとイベントで述べた。

ジョージア州は、持続可能な開発目標を国の戦略的優先事項に合わせて国家目標に組み込む集中的なプロセスを開始しました。目標と目的は、国の状況、課題、機会を考慮して設定されました」と彼は言いました。

経済省は、ダヴィタシビリ氏が、政府は地方自治体でSDGsを活性化するという決定において「断固として」いたと述べたと引用した。

この目的のために、2021 年に地方レベルでの SDGs 実施計画が策定されました [。。。] 計画実施のためのパイロットプログラムはすでに開始されており、初期段階では 5 つの大都市が選択されています。現時点では、すでに 32 の自治体がこのプロセスに参加しています。政府の目標は、2025年までに64の地方自治体すべてで持続可能な開発目標を地域化することであり、これは2030年に設定された目標の達成に貢献するはずだ」と同氏は述べた。

同大臣は、世界中で「相互に関連した課題の複雑なネットワーク」を指摘し、持続可能な開発への努力は「国家の義務であるだけでなく、共通の責任」となっていると付け加えた。

ジョージア州は、独特の地理的位置と多様な生態系を持ち、気候変動の影響に特に敏感です。したがって、他国との協力は選択肢であるだけでなく、必要不可欠である」と当局者は出席者に語った。

ダヴィタシビリ氏は、ジョージアは近年、経済機会への包括的なアクセス、経済の「構造改善」、社会保障ネットワークの強化において「大きな進歩」を遂げたと述べた。

ジョージア経済は、過去の経済危機に対する回復力を証明し、マクロ経済の安定を維持し、短期的な対策と併せて、長期的な開発目標を達成するための強力な経済基盤を築き上げてきました。

さらに、困難な時期にあっても、ジョージアは規制の枠組みと欧州連合の法律との調和を含め、経済のさまざまな分野で構造改革を実施し続けたことを強調したい」とダヴィタシビリ氏は述べた。

月曜日から水曜日まで開催されるこのサミットは、「将来の政府の形成」をテーマに開催され、世界中の政府、国際機関、民間部門が参加します。