脱分極化はその方向に進む野党の意欲にかかっている – 与党党首

Agenda.ge

Irakli Kobakhidze, the head of the ruling Georgian Dream par…

与党ジョージアの夢党のイラクリ・コバヒゼ党首は日曜日、ジョージアに加盟候補資格を与えるために欧州連合が概説した優先事項の一つである脱二極化の実現は、国内野党の「脱急進化に向けた措置を講じる意欲」にかかっていると述べた。 。

コバヒゼ氏はメディアへのコメントの中で、野党はジョージアが候補者資格を得るのを望んでいないと主張し、ニカ・グバラミア大統領の恩赦の事実を引き合いに出し、野党は「自分たちの利益」のために「二極化を煽っている」と述べた。二極化を強化するためにサロメ・ズラビチビリ大統領によって国内ムタバリ・アルキTVチャンネルの責任者に就任した。

同氏はまた、昨日の会見でロシア政府に対し、ロシアでの出来事を受けて「直ちに」安全保障理事会を招集するよう求めた同国の大統領と、声明の中で「ジョージアのロシアへの介入について直接言及した野党指導者たち」を批判した。アブハジアとツヒンバリ(南オセチア)地域」と述べ、反政府勢力の一部の目標が、ウクライナ戦争の最中にジョージアで「第二戦線」を開くことであることが「確認された」と強調した。

ロシアの民兵組織ワグナー・グループのリーダー、エフゲニー・プリゴジンは土曜日、ロシアのいくつかの都市で軍隊を行進させ、彼のグループが南部ロストフ・ナ・ドヌの都市の「すべての軍事施設」を占領したと主張し、「移動する」と約束した。モスクワへ」と国際メディアが報じた。

土曜日遅く、プリゴジン氏が「ロシアでの流血を防ぐ」ための決定だったと述べた後、ロシアの首都に向かっていた彼の軍隊は撤退した。