裁判所、スターリンとともに聖マトロナの聖像にペンキを注いだとして市民活動家に5日間の拘留を宣告

Agenda.ge

The Tbilisi City Court on Friday sentenced civil activist Na…

トビリシ市裁判所は金曜日、先月初めにトビリシのホーリー・トリニティ大聖堂でモスクワの聖マトロナとソ連の独裁者ヨシフ・スターリンを描いたアイコンに絵の具を注いだとして、市民活動家のナタ・ペラゼ氏に5日間の行政拘禁を言い渡した。

この判決は、内務省が1月9日に最高15日間の罰金または行政懲役を定めた「軽度のフーリガン行為」の容疑で訴訟の手続きを開始した後に行われた。

ペラゼ氏の行動は、ジョージア領土占領を背景にロシアとの関係を非難されている国内反政府団体「愛国者同盟」によって大聖堂に寄贈された、ソ連の統治者の肖像が描かれた聖像を巡る論争に続いての行動となった。論争の中心にあるアイコンについて。

1月6日、聖職者のイリア・チグラッゼ氏によってこのイコンの写真がソーシャルメディアに投稿され、一部の国民の怒りを招き、後にイコンは汚損された。

ジョージア正教会総主教庁は1月11日、政治家イルマ・イナシュビリ氏率いる寄付団体に対し、そのビジュアルを変更するよう要請した。

この宗教団体は、聖像の描写の詳細を明らかにしようとするコメントの中で、スターリンと聖像(聖像に描かれている)との面会疑惑は「十分な(歴史的)証拠によって裏付けられておらず」、聖典の正典には含まれていないと述べた。後者の生涯は、彼女を列聖したロシア教会によって認められなかった。