欧州評議会指導者ら、ロシアによるジョージアに対するECHR判決の不履行に「深く懸念」

Agenda.ge

欧州評議会の首脳らは木曜日、欧州人権裁判所によるロシアに対する、ジョージアに有利な2件の判決において、ロシアが判決を執行しなかったことについて「深い懸念」を表明した。

このコメントはECHRによって裁定された事件に関する発言であり、2006年9月から2007年1月の間に多数のジョージア国民が逮捕、拘留され、ロシアから国外追放されたことに関する初めての発言であった。

裁判所は2014年、この措置が外国人の集団追放の禁止、自由と安全の権利、拘留に対する司法審査の権利、非人道的または品位を傷つける扱いの禁止など欧州人権条約の条項に違反していると認定した。

委員会は、ジョージア国民に有利な正当な満足と不履行利息の支払いがロシアによってなされたものではないという懸念を「強く繰り返し」、損害賠償とその未払い利息を「一切の負担なく支払うようロシア当局に強く勧告」した。さらに遅れます。」

また、2008年8月のロシアとジョージア間の武力紛争に関連した欧州人権条約のさまざまな違反に関する2番目の事件についてもコメントした。

同機関は、ロシア国家に対し、今年4月のこの訴訟の正当満足に関する裁判所の判決で認められた金額を「適時に」支払うよう求め、同国の当局に対し「徹底的に、独立して、効果的かつ迅速に」調査するよう求めた。戦争中にその支配下にある軍隊によって犯された犯罪」。

この犯罪は、敵対行為の活発な段階と、その後のロシア軍支配下のジョージア地域の占領継続中に犯されたことが判明した。

委員会は呼びかけの中で、加害者を裁く目的で責任者を特定するようロシアに求めた。