ジョージア州における児童婚撲滅、国連人口基金会議の焦点に

Agenda.ge

The United Nations Population Fund on Friday held a meeting …

国連人口基金は金曜日、青少年に力を与え、発達の機会を創出することを通じて、ジョージア州における児童婚の慣行を根絶するという国家的取り組みを加速する重要性について議論する会合を開催した。

スウェーデン政府の資金提供による国連のジェンダー平等共同プログラム内で主催されたこのイベントは、現在の取り組みと目標に向けて取り組むべきギャップについてのジョージア政府機関と市民社会の代表者との対話を支援することを目的としている、とUNFPAは述べた。

写真: UNFPA

UNFPAトルコ代表でアゼルバイジャンとジョージアのカントリーディレクターであるマリアム・カーン氏は、有害な慣行を排除するために国家機関の協力を促進する取り組みを組み合わせる重要性についての議論を主導した。

同基金は、この国の児童婚率は13。9パーセントにとどまっていると述べ、国内の思春期の少女に関する最近の「悲劇的な事件」は「緊急に」対処する必要がある「重大なギャップ」を示していると指摘した。

イベントの参加者は、青少年が支援のために利用できる支援サービスについて青少年の意識を高めることの重要性を強調し、この問題への「総合的なアプローチ」を確保するために国家機関間の調整メカニズムを強化する必要性を指摘した。

会合はまた、思春期の少女を強制結婚させる家庭慣行を含め、あらゆる形態の児童婚を違法とする法規制の一層の強化にも焦点を当てた。

写真: UNFPA

会合は、国連ジョージア常駐調整官のサビーネ・マクル氏と、開発協力責任者兼駐ジョージア・スウェーデン代表団副団長のエリック・イレス氏によって開会された。

イベントの参加者には、ジョージア議会の代表者、各省庁の職員、ジョージア検察庁、首相人権顧問ニコ・タトゥラシビリ氏、弁護士で女性権利活動家のトズ・グルマメドワ氏も含まれた。

このイベントは、国連事務総長のリーダーシップの下、2008年に開始されたキャンペーンイニシアティブであるジェンダーに基づく暴力に対する16日間の活動をテーマに開催されました。