中央選挙管理委員会、偽情報との戦い、選挙テクノロジーに関する国際会議を主催

Agenda.ge

選挙技術と偽情報対策に特化した第11回選挙管理団体国際会議が、水曜日に黒海都市バトゥミでジョージア中央選挙管理委員会の主催で開催される。

同委員会のジョルジ・カランダリシュビリ委員長は、25カ国以上の選挙管理者と100人以上の参加者を集めた会議と、そこで受け取った反応は、取り上げられた主題の「関連性と重要性」を示していると述べた。

カランダリシュビリ氏は、イベントで議論された議題は、選挙の完全性と選挙環境を「誤った有害な影響」から守ることを目的としていると述べた。

同氏は、「偽情報と偽りの物語に境界がない」蔓延する21世紀において、偽情報との戦いは「多くの国にとっての課題」であると付け加えた。

CEC議長は、選挙問題に関して国民に「正確かつ客観的な」情報を提供するメカニズムの開発と構築を確実にするために、選挙管理者が「協力」する必要があると述べた。

同氏はまた、電子投票技術と有権者認証、およびその目的で使用される投票集計機が2024年の議会選挙で初めて国内で使用されることにも言及し、この開発は「進歩的な前進」であると述べた。

同当局者は、この技術の利用により投票手続きの簡素化に加え、安全性、「高い透明性」、プロセスの公開性が確保され、信頼性の向上につながると指摘した。