アジア開発銀行総裁:ADBはジョージアと「緊密な協力を継続する用意がある」

Agenda.ge

Masatsugu Asakawa, the President of the Asian Development Ba…

アジア開発銀行の浅川正嗣総裁は木曜日、ジョージアの首都トビリシで開催された年次中央アジア地域経済協力閣僚会議でのコメントの中で、ADBはジョージアと「緊密な協力を継続する用意がある」と述べた。

中部回廊の開発におけるジョージアの役割が実際に増大する中、ジョージアは社会サービスを強化し、輸送ネットワークを拡大しているため、我々は今後もジョージアと緊密に協力していく用意がある」と同氏は、中国と南部を経由してヨーロッパを結ぶ輸送ルートネットワークに言及して述べた。コーカサス地方。

浅川氏は、ADBはジョージアを含む加盟国が気候変動を緩和し適応するための集団行動を「強力に」支援していると付け加えた。

新しい取り組みが必要であり、私たちはそれをサポートする準備ができています。地域協力イニシアチブは私たちの憲章の主要部分です。これが私たちの活動の主な目標の 1 つです。したがって、私たちはこの方向でのCARECプログラムの活動を強い熱意を持って支援したいと思います」と彼は言いました。

イラクリ・ガリバシビリ氏、ジョージア首相、浅川雅継ADB総裁。写真:首相報道室

ADB総裁は、地政学的な緊張とサプライチェーンの回復力の変化による「不確実性の増大」を指摘し、CARECパートナー諸国が直面している課題に対する懸念を共有した。

その結果、エネルギーと食糧安全保障が危険にさらされています。同時に、輸送ルートと貿易ルートも変化しています。気候ショックもより頻繁かつ激しさを増しています。どの国も単独でこれらの課題を解決することはできません」と世銀の代表者は述べた。

浅川氏は、「共同作業」を強化する要素として、気候危機に取り組むための「果断な努力」と「財政格差」を埋めることの重要性を指摘した。

気候変動への取り組み、経済の多角化、サプライチェーンと持続可能性の強化に焦点を当てた地域プロジェクト支援の取り組みが真に前進できることを願っています。私たちの目標は、2019年から2030年までの気候変動対策に総額1,000億ドルを資金提供することです」と同氏は述べ、ADBが資本改革を支援することも約束した。

浅川氏は、会議を主催したジョージア政府に感謝し、来年5月にはADB年次総会も主催する予定であると述べた。