議会委員会の助言があれば、汚職防止法は改正される可能性がある – 首相

Agenda.ge

Irakli Kobakhidze, the newly appointed Prime Minister of Geo…

新しくジョージア首相に任命されたイラクリ・コバヒゼ氏は木曜日、議会の法務委員会の助言があれば国内の汚職防止法が改正される可能性があると述べた。

同当局者は、国の汚職防止局とその機能に関する報道陣のコメントの中で、立法府が法改正の可能性について議論していると強調した。

同氏は、同委員会の助言があれば、同事務所が議会の立場を評価し、法案の改正を検討すると強調した。

サロメ・ズラビチビリ大統領に外国訪問の許可を与えなかったことに関する問い合わせに答えて、コバヒゼ氏は、サロメ・ズラビチビリ大統領の「度重なる憲法違反」(昨年の無許可訪問への言及)と、ジョージアの欧州連合立候補に対する「行動」を保留の根拠として挙げた。承認。

首相はまた、現政府メンバーの「有能さ、誠実さ、愛国心」を強調し、内閣に大きな変革は「必要ない」と考えていると述べた。

私はジョージア州議会から承認されたチームと協力することに全力を尽くしています。各メンバーはプロ意識、誠実さ、そして重要な経験をもたらします。過去 3 年間の課題にも関わらず、このチームは問題に適切に取り組んできたので、今後も協力して取り組んでいくことに全力で取り組んでいます」とコバクヒゼ氏は語った。

議会は木曜日、コバヒゼ政権とその計画に対する信任投票を行い、84人の議員がこの動議を支持し、10人が反対票を投じた。