農務大臣、ワインメーカーやヘーゼルナッツ農家に対する政府の支援を強調

Agenda.ge

Georgian Agriculture Minister Otar Shamugia on Wednesday hig…

ジョージアのオタール・シャムギア農業大臣は水曜日、近年の同国の農業セクターに対する政府の支援を強調し、特にワインメーカーとヘーゼルナッツ農家に対する支援に言及した。

シャムギア氏は、国内の反対派が季節の収穫量に関する話題を「政治利用」していると非難し、農家は近年、国家から「前例のない」支援を受けてきたと主張した。

同氏は、10年前のワイン輸出量2,000万リットルという数字と、2023年には輸出が予想される1億2,000万リットルとを対比し、政府は2030年までにワインとアルコール飲料の輸出から10億ドルの獲得を目指していると付け加えた。

私たちは約4億ドル相当のワインと蒸留酒の輸出について話しています。これは私たちの生産者、ワインメーカー、そして一般的に国にとって非常に大きな収入源です」と彼は語った。

批判の声は常に聞こえてきますが、彼らは何年もの間、補助金は悪であり実施すべきではないと言い続けてきたのに、今では収穫されなかったブドウに対して補助金を支払うよう提案されています。私の意見では、これはポピュリズムです」とシャムギア氏は語った。

同大臣はまた、ヘーゼルナッツはジョージア州にとって「重要な輸出品の一つ」であり、70%以上が欧州連合諸国への輸出に使用されていると述べた。

同氏は、2021年にジョージア州で4万6000トンのヘーゼルナッツが収穫されたが、気候条件により収穫量が悪化したと指摘した。同当局者は、政府が最大3ヘクタールのヘーゼルナッツ果樹園を持つ小規模農家を支援する「欧州の慣行に基づいた対象を絞ったプログラム」を作成したと指摘した。