国立銀行総裁代理がトビリシ・シルクロード・フォーラムに参加

Agenda.ge

Natia Turnava, the Acting Governor of the National Bank of G…

ジョージア国立銀行総裁代理のナティア・トゥルナバ氏は、木曜から金曜までジョージアの首都で開催される第4回トビリシ・シルクロード・フォーラムに参加する。

トゥルナバ氏は、「新興経済におけるフィンテックの将来」と題したパネルディスカッションで講演者となります。このパネルディスカッションでは、500 Globalのパートナーであるペドロ・ヴィエイラ氏、MMEの法的パートナーであり、いくつかの国際的なテクノロジーおよび金融のアドバイザーであるアンドレアス・グラナー氏を含む世界的なテクノロジーの代表者が登壇します。市場企業のほか、Bybit の共同創設者兼 CEO の Ben Zhou 氏、Pave の CEO 兼共同創設者である Salim Dhanani 氏も参加しています。

国立銀行によると、パネルディスカッションの司会は受賞歴のあるBBCワールドニュースTVプレゼンターのアーロン・ヘスルハースト氏が務める。

未来の世界はデジタルテクノロジーに依存しています。サービスと製品のデジタル化により、開発と経済成長が加速し、人々の距離が近づき、リソースをより有効に活用できるようになります。これは伝統的な銀行セクターにも当てはまります」とトゥルナバ氏は述べ、金融業界は「世界中の」フィンテックに「大きな影響を与えている」と付け加えた。

同氏はまた、NBGの規制政策を提示することの重要性を強調した。この規制政策は金融テクノロジーを支援し、中間回廊諸国間のフィンテックに基づく地域協力の深化にプラスの影響を与えるだろう。

フォーラムには60カ国の政府・民間部門から最大2,000人の代表者が出席し、世界経済の課題、その解決方法、接続性のための協力の側面と展望について議論する。

ジョージアのイラクリ・ガリバシビリ首相によって設立されたこのフォーラムの第1回目は、2015年にトビリシで開催されました。