いわゆる厳重なロックダウンはジョージア全国では導入されない

Agenda.ge

Head of Georgia’s National Centre for Disease Control (NCDC)…

ジョージアの国立疾病管理センター(NCDC)のAmiran Gamkrelidze 所長は、いわゆる厳格なロックダウンは国全体には導入されないが、新たなクラスターが出現した場合には、必要に応じて地元の対応があるかもしれないと述べている:

ウィルスは国の10月末または11月中旬に現れます…今のところジョージアでは感染の内部循環があり、ウィルスの拡散を遅らせるためにはあらゆることをしなければなりません。 ジョージアではいわゆる厳格なロックダウンはありませんが必要に応じて、我々 はローカル、ターゲットを絞った対応があるかもしれません」。

Gamkrelidze は呼吸器症状がある場合は学童に登校させるべきではないと発言している。

大学については疫学者の主な推奨事項として、講師も学生もフェイスマスクを着用することが挙げられている。

ジョージアでは、本日未明に新型コロナウィルスの新たな症例が87件と報告されている。