ジョージア航空庁によって定期便の解禁は9月1日まで延長された

ტაბულა

საერთაშორისო რეგულარულ ფრენებზე აკრძალვა პირველ სექტემბრამდე…

国際定期便の解禁が9月1日まで延長された。

航空庁はすでに関連する注意書きを発表している。

3月以降ジョージアでは7月1日に開通する予定だった国際観光が、ジョージア政府は8月1日まで延期し、さらに1ヶ月延期した。

与党は新型コロナウィルスの脅威と「市民への思いやり」を理由に挙げている。

航空庁は述べている:

「新型コロナウィルスの拡散を防ぐための枠組みの中でノートによって提供される制限は 21.07.20 から続いているし、31.08.20 まで有効である。」

この制限は、シャルル・ド・ゴール・パリ、ミュンヘン、リガ国際空港で8月にトビリシ国際空港から運航される3つの目的地だけには適用されない。

トビリシからミュンヘンへはルフトハンザドイツ航空が週2回、パリではエールフランス航空が週2回運航している。

リガのように、交渉は空気バルト海と進行中である – ジョージア政府は、空気バルト海はまだ合意していないには、週に1つのフライトだけを望んでいる。

経済大臣によると、低予算企業は週に1、2便のフライトを手配していないため、低予算企業-ウィズエアとライアンエアー-はまだ政府によって飛行することを許可されていない。

natia TurnavaはWizzairとライアンエアーは、10以上の目的地に飛ぶようにしたいと言う、そのためには彼の意見では、ジョージアと世界は今準備ができていないと:

「世界は準備ができているときに、我々はこれらのフライトを許可します。」

ジョージアは7月1日からEUが国境を開放した国のリストに入っているが、ジョージア政府は無条件にEU5カ国の市民のみを許可する。

ドイツ、フランス、ラトビア、リトアニア、エストニアの市民は何の制限もなくジョージアに来ることができるが、同じ国のジョージア市民は2週間隔離しなければならない。