ジョージアはロックダウンにより大気汚染が減少

Agenda.ge

Air pollution has decreased in the capital city of Tbilisi a…

大気汚染は首都トビリシだけでなく、国全体で減少していると、ジョージアの国家環境庁が発表している:

「大気汚染のレベルは、大幅に減少しています。空気中の二酸化窒素の含有量は特に減少しており、これは自動車からの排出量の減少に関連している可能性が高い。」

トビリシ、バトゥミ、クタイシ、ルスタビの8つの観測所がジョージアの大気質をサンプリングし、テストしている。

国立環境庁の報告によると、ツェレテリ通りやカズベギ通りなど交通量の多い通りでは、特に大気中の二酸化窒素の含有量が減少した。

ジョージアでは、政府が新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために行った規制により、交通量が減少している。

公共交通機関やミニバスはトビリシでも、都市間でも乗客にサービスを提供していない。

飛行機も運休している。

さらに、多くの人々が家で過ごすようにに促されているため、多くの人々がテレワークをしている。