ウェストが彼らの終身任命を支持した後、ジョージアの裁判官に対する米国の制裁は「理解できない」 – 副首相

ジョージアのテア・ツルキアニ副首相は火曜日、国内司法の更なる独立性を確保するために西側諸国が彼らの終身任命を「支持」していることを考えると、ジョージアの裁判官に対する米国国務省の制裁は「理解できない」と述べた。

メディアへのコメントで、以前は国の法務大臣と欧州人権裁判所の弁護士を務めていたツルキアニは、国務省が先週、汚職の疑いで3人の代理と元ジョージアの裁判官1人にビザ制限を課したと述べた。 」は「受け入れられない」でした。

私は、特にそれが予想外の動きであった場合、裁判官に関する米国の決定を容認できないものとして、強く、声を出して、原則として非難したいと思います。パートナーや友人はおそらくそのようには振る舞わないだろうが、時には友情やパートナーシップに誤解が生じることもある。ネクタイ。

「しかし、政府でジョージア国民を代表する私たちは、制裁という形で、この国の歴史、主権、独立にとって容認できない行為を非難する必要があります」とツルキアニは指摘しました。

当局者は、彼女の政府が「特に友人やパートナーに関しては、ルールに従うことを主張した」と繰り返した。

ジョージアのパートナーによる不当な扱いの例を主張するコメントの中で、ツルキアニは昨年、欧州連合がウクライナとモルドバに加盟候補資格を与え、ジョージアには与えなかった決定を批判した。彼女は決定が「不公平」であったことを強調し、トビリシはヨーロッパ統合の道において「両国の友好国よりもはるかに進んでいる」と主張した。

国務省の制裁について、彼女はまた、「これまでのところ証拠が提示されていないため、決定は受け入れられない。 2012年の政権交代後にジョージアの司法機関に向けて発行された勧告を参照して、彼女は、これらの裁判官が生涯裁判官になることを支持したのは西側諸国であったという事実に照らしても理解できない。

大臣は、彼女が知っていると主張する不特定の関連トピックの「多く」について公に話すことを控えると述べた。

私は、ジョージアの夢の政治チームと共に、司法改革の第 1 波、第 2 波、第 3 波、および第 4 波とともに、ジョージア州における少年司法法の導入の舵取りをしていたことを、皆様に思い出していただきたいと思います。改革の前の議会によって実施され、国の司法にとって大きな飛躍でした」と彼女は言いました。

大臣は、改革によりジョージアがいくつかの EU および NATO 加盟国よりも優位に立ち、その「大きな進歩」を示したと主張した。

国務省は水曜日、「重大な汚職への関与」を理由に、ミハイル・チンチャラジ、レバン・ムルシッゼ、イラクリ・シェンゲリア、ヴァレリアン・ツェルツヴァゼの裁判官にビザ制限を課し、「裁判所の議長およびジョージア高等司法評議会のメンバーとしての地位を乱用した」と述べた。 、法の支配とジョージアの司法制度に対する国民の信頼を損なう」。

与党ジョージアの夢党の裁判官と役人は、この決定を「不公平」で「根拠のないもの」と呼んだ。