ジョージア政府による投獄中のサーカシビリ「侮辱」「殺害」に関するウクライナ大統領の主張 – 与党党首

与党ジョージアの夢党のイラクリ・コバヒゼ党首は火曜日、ロシアがウクライナ国籍を有し投獄されているジョージアのミハイル・サーカシビリ元大統領を「ジョージア政府の手で」「殺害」しているというウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領の主張について、次のように述べた。 「侮辱的」だった。

コバヒゼ氏はジョージア公共放送へのコメントの中で、月曜日のゼレンシキー氏のソーシャルメディアへの投稿の「根拠のない侮辱的な申し立て」にも関わらず、トビリシはロシアとの戦争中キエフと「たとえ一方的な友好関係にあり続けたい」と望んでいると付け加えた。

ゼレンスキー氏のツイートは、サーカシビリ大統領在任中の2007年に首都で起きた反政府デモの暴力的解散事件を巡る月曜のトビリシ市裁判所での公判後に行われたもので、元当局者はビデオリンクを通じて参加し、政府を非難した。彼の健康を損なう。

ゼレンスキー氏は裁判のスクリーンショットを投稿し、サーカシビリ氏の引き渡しを巡る協議のためジョージア大使を呼び出し「48時間以内に」ジョージアに送るよう外務省に指示したと述べ、その後パートナーに対し「この状況に対処し、無視せず、救援するよう促した」と述べた。この男”。

コバヒゼ氏はこれに応じ、政府反対派が「国内の不安を引き起こす」ため、2021年にサーカシビリ氏のジョージアへの極秘帰国に複数のウクライナ高官が関与したことを「認めた」と主張し、「同じ政府が今、サーカシビリ氏の引き渡しを要求している」と付け加えた。も侮辱しています。」

今週初めの前回のコメントで、コバクヒゼ氏は、健康上の理由で元大統領の国外転勤を却下した5月の欧州人権裁判所の判決が「サーカシビリ氏がそう主張していたにもかかわらず、もう死なないと判断するのに役立った」と述べた。 600日間」と、拘留中の虐待疑惑に言及した。

同氏は、今回の判決により、サアカシビリ氏とその国内外の同盟国による、拘留中の拷問と虐待に関する「長期にわたる、反国家的で有害で偽りの」主張に「終止符が打たれた」と強調した。彼の刑務所からの「不法釈放」を促進するために「でっち上げられ、演出された」。

サーカシビリ氏は2021年10月にトビリシで逮捕され、8年間の海外滞在を終え、ジョージア州の地方選挙を控えて帰国したところだった。当時、彼はウクライナ国家改革評議会の執行委員長を務めていた。

ジョージアン・ドリームの当局者らは、元大統領は国内の動乱を引き起こし、「政府を転覆」させ、後にジョージアを帰還から約5か月後に勃発したロシア・ウクライナ紛争に「引きずり込む」ために不特定の勢力によって「派遣」されたと主張している。国。