与党党首:欧州への「一貫した」動きは「最も重要」

Irakli Kobakhidze, the Chair of the ruling Georgian Dream pa…

与党ジョージアの夢党のイラクリ・コバヒゼ党首は木曜日、各国の欧州連合加盟に向けた「より明確で期限付きの」計画を望む意向を表明したが、ジョージアにとって「最も重要なこと」は「ヨーロッパに向けて一貫して前進します。

「シャルル・ミシェル(欧州理事会議長)は、加盟の具体的な年を2030年と名付け、少なくともバルカン諸国にとっては楽観的な見方をする理由となった。 [北]マケドニアは18年間加盟を待っており、[そして]18年間候補国であったが、加盟の問題は積極的に議論されてこなかった。 [。。。]しかし、欧州委員会は後にこれを拒否し、2030年について話すのは間違いであると指摘した」とコバヒゼ氏は語った。

私たちにとって重要なことは、一貫してヨーロッパに向けて前進することです。そのためには、適切な改革の実施と経済成長が必要です。あらゆる方向において、私たちは目に見える進歩を遂げています。これが私たちにとって最も重要なことであり、(国内の)野党から聞いている憶測への答えです」と与党党首は述べた。

与党のマムカ・ムディナラゼ事務局長は水曜日、ジョージアは「間違いなく」欧州ファミリーの「一人前で価値ある」メンバーになるだろうと述べ、その結果のために政府が「あらゆることを行う」と約束した。

駐ジョージア欧州連合大使のパヴェル・ヘルチンスキー氏は水曜日、ジョージアの加盟候補者としての地位に関する欧州連合加盟国の決定が「前向き」なものとなり、ジョージアが加盟に「近づく」ことを期待していると述べた。