国選弁護人、内務省に対し、トビリシプライドウィークの反抗議活動中のあらゆる法律違反に「適切に」対応するよう要請

ジョージアの国選弁護人レヴァン・イオセリアーニ氏は土曜日、同国内務省に対し、土曜日にジョージアの首都で行われたトビリシプライドウィークの反対デモ中のあらゆる法律違反に「適時かつ適切に」対応するよう求めた。

イオセリアーニ氏はまた、これらの権利はジョージア憲法によって保護されているとして、「最も重要なこととして、安全な環境におけるすべての国民の」言論、表現、集会の自由の保護を確保するよう同省に要請した。

もちろん、国内法で定められた権利の保護を確保する責任は国家にあります。内務省がイベントの安全な実施を保証し、あらゆる予防措置を講じるという事前の合意にもかかわらず、最終的なイベントは失敗に終わった」と彼は付け加えた。

トビリシのプライドウィークフェスティバルは反対デモのさなか中止された。右翼集会の参加者がプライド・フェスティバルに指定された立ち入り禁止区域に入ろうとしたことから、警察と右翼集会の参加者との間で衝突が始まった。

フェスティバルの主催者と参加者は領土から避難し、アレクサンドル・ダラクヴェリゼ副内務大臣は土曜日、警察官が「安全な避難を確保した」と述べた。

写真提供:ラジオ・リバティ

ダラクヴェリゼ氏は、祭りの参加者の「安全を確保する」ため、特別任務課の部隊を含む「最大の」数の警察官が現場にいたと強調した。

ジョージア議会のシャルバ・パプアシビリ議長は昨日遅く、「あらゆる種類の暴力」を非難し、トビリシ・プライド・ウィークの参加者とジャーナリストの安全を確保するための警察官の努力に感謝し、「私の知る限り、侵略の場合には警察は」と述べた。警官がいたるところに介入した。」

ジョージアのサロメ・ズラビチビリ大統領は今度は、フェスティバル中に「暴力を阻止できなかった」として内務省を批判し、同国では憲法上の2つの権利、表現の自由と集会の自由が侵害されていると指摘した。

ジョージアへの欧州連合代表団と同国への国連代表団、そしてジョージアで認定された外交団の一部は、トビリシ・プライドの参加者に対する暴力を非難し、「(彼らの)安全と自由が守られていないのを見るのは残念だ」と述べた。集会は確保できなかった」と述べ、ジョージア当局に事件を「非難」し、「責任者の責任を問う」よう求めた。

トビリシ・オープン・エア・グループは土曜日遅く、彼らの所有地と今年のプライド・フェスティバルの開催地として指定されているリシ・ワンダーランドが反LGBT集会の参加者によって損害を受け、ジョージア当局に賠償を「要求」したと発表した。