「これほど複雑な」自然災害の進展を予測することは「事実上不可能」 – ショビ地滑りについて環境副大臣

ニノ・タンディラシビリ環境副大臣は水曜日、「これほど複雑な」自然災害、つまり8月3日にジョージア西部ラチャ地方のショヴィのリゾート地を襲った地滑りの発生を予測することは「事実上不可能」であると述べた。

タンディラシビリ氏は記者会見で、水位測定所から得られたデータ分析と地滑り前の8月3日に撮影された高品質衛星画像により、「土砂崩れはなかった」とする国家環境庁の第一次報告書の結果が裏付けられたと強調した。災害前に水が溜まった兆候」。

同氏はまた、国家環境庁が「早期警報システム」を持っていないかのような誤った情報を否定し、同庁はレーダー、気象観測所、水位測定所、地上観測から「データを取得している」と説明した。同庁は「早期警報と予測を行っている」、「それは早期警報システムだ」。

タンディラシヴィリ氏は、被災地に設置された監視システムやレーダーシステムのデータから、「これほどの規模」の自然災害を引き起こす可能性がある「自然現象の発達は見られない」ことが示されたと強調した。

国家環境庁が今週発表した暫定調査結果によると、少なくとも21人が死亡したショビの災害は予測不可能で、氷河の激しい融解、源流の岩石層の崩壊、大雨、浸食過程、氷河の流出が原因だったという。 。

報告書によると、重い瓦礫は質量と威力を増し、約8~10分以内にリゾート地「コテージ地区」に到達し、覆い尽くしたはずだという。