首相、ウクライナ戦争さなかジョージアで「第二戦線開設」に向けた「戦争政党の失敗」を強調

ジョージアのイラクリ・ガリバシビリ首相は金曜日、「破壊戦争党」(国内の政治的野党の一部とその海外のパートナーとされる人々を指す)は、混乱の中ジョージアで「第二戦線を開く」計画が「完全な大失敗」を経験したと述べた。ウクライナ戦争は軍隊の「主な目的の一つ」だったと同氏は述べた。

ガリバシビリ氏は、ジョージア議会で政府の活動に関する年次報告を発表する演説の中で、政府は「合理的で結果重視の」政策を実行する必要があると述べた。

昨年、ウクライナで戦争が始まり、その後、我が国を含む地域に戦争が拡大しようとしていたときに、彼らがどのように行動したかを覚えているでしょう。この破壊的な戦争部隊の主な目的の 1 つは、ジョージア州に第 2 戦線を開くことでした。彼らが計画し実行に失敗した挑発には、他にどのような目的があったのでしょうか?すべてが失敗し、すべての計画が失敗し、完全な大失敗を経験した」とガリバシビリ氏は議員らに語った。

政府首脳は、ウクライナ戦争のさなか、内閣が国の「国益を損なう」措置はとらないと「公然と述べた」と強調した。

(ジョージア領土の)占領は依然として我々にとって主要な課題の一つである。ロシア占領軍は引き続き我が国の領土を拠点としています。ご存知のとおり、占領は2012年に我が国政府が引き継いだ課題です。比較のために、[2008年の]八月戦争の後、我が国を含めてどの国も占領を止めるための具体的な措置を開始していないことを国民に思い出していただきたいと思います。 、制裁[の実施によって]それを非難する」とガリバシビリ氏は述べた。

「これらの人々(国内反政府勢力)は、経済制裁を含む(ウクライナ侵略に対するロシアに対する)制裁を課すよう我々に求めた。 [。。。] 彼らは戦争を始め、第二戦線を開き、国を破壊したかったのです。この無責任な戦争当事者は、(2008年の戦争で)一度国を滅ぼしたのと同じように、二度目の国を滅ぼそうとした。私たちは当初から、我が国の国益、国民の利益を損なういかなる措置も取らないと公然と言ってきました」と続けた。

ガリバシビリ首相は、政府が前述の政策に従うことを強調し、「誰も我々に政策を変更させることはできない」と付け加え、さらに「我が国が必要とする政策のみを実施する」と付け加えた。

いわゆる制裁を課したり、何らかの制限を導入したり、貿易や経済を遮断したりすることは全く無責任です。さらに、これは国と国民への裏切りとも言える」とコメントし、この動きは国内の利益を損なうことになると付け加えた。

首相は、制裁発動は「経済成長と雇用があると大胆に語ることができなくなる」ことを意味すると指摘し、同政権下での「過去2年間に25万の新たな雇用が創出された」というシナリオと対比させた。