中国フォーラムで「非公開交渉なし」-副首相、プーチン大統領との対話に関する「根拠のない」メディア報道について

ジョージアのレヴァン・ダヴィタシビリ副首相は火曜日、今月初めに中国で開催された一帯一路フォーラムの傍らでロシアのウラジーミル・プーチン大統領と「個人的なコミュニケーション」をとったかのような「根拠のない」メディア報道を否定し、「会話はしていなかった」と述べた。フォーラム期間中は、いかなる種類の非公開の交渉や対話も禁止されています。

ダヴィタシビリ氏はメディアへのコメントの中で、急進野党がこの問題について憶測を立て、スキャンダルを起こすことに「熱心だった」ことは「驚くべきことではない」と述べた。

ジョージアは設立当初からフォーラムに参加しており、例年と同様、同国は約150の参加国のほか、欧州連合加盟国の首脳やアントニオ・グテーレス国連事務総長らとともにフォーラムに参加した。ダヴィタシビリ氏は指摘した。

同大臣は、ジョージア代表団がフォーラムの傍らで開催されたレセプションに中国の習近平国家主席から招待されたことを強調し、「(フォーラムの)主催者があなたを招待する場合、その招待を受け入れるのは外交儀礼の一部である」と強調した。私たちがこのフォーラムの参加者であるときの招待状。」

私たちが(ロシアと)何らかの別の種類の関係や対話を持っていたかもしれないという事実は、単なる解釈と推測にすぎません。私たちは[ロシア大統領も出席したレセプションに出席することで]外交儀礼に正確に従いましたが、同時に占領を受け入れないことを表明しており、他の種類の関係、追加の会談、またはその他の形式の関係はありません。密室での対話だ」とダヴィタシュビリ氏は語った。

フォーラムの抗議ストライキの可能性に関する記者の質問に対し、ダヴィタシビリ氏は、それは「外交儀礼に違反し、ジョージアと中国の関係に重大なダメージを与えるだろう」と答えた。

ダビタシビリ氏はまた、ジョージアと中国が7月に戦略的パートナーシップを確立したため、今年のフォーラム参加の重要性を強調し、中国はジョージアの主要な経済パートナーの1つであると付け加えた。