国立銀行、「責任ある融資原則」の確立を「積極的に推進」 – 総裁代理

ジョージア国立銀行の総裁代理ナティア・トゥルナバ氏は金曜日、消費者を「過剰債務」から守るため、同銀行が国内市場における「責任ある融資原則」の確立を「積極的に推進」していると議会で述べた。

トゥルナバ氏は、義務の延期と再構築、そして顧客への「適切な通知」の両方において、原則の遵守が「重要」であると述べた。

商業銀行には、いわゆる猶予期間を設定する過程で当事者間で追加合意や修正合意が署名されない場合には、支払いに関する詳細情報や返済スケジュールを、資料または電子形式で消費者に直ちに提供しなければならないという書面による指示が与えられた。 」と彼女は国会議員に語った。

同氏はまた、この指示は、「新型コロナウイルス感染症の結果として生じた事態に対応して、商業銀行、マイクロファイナンス組織、金融機関が発行するローンやクレジットの猶予期間の設定について消費者に知らせる際の「多くの欠点」を考慮して発行されたものであると指摘した。パンデミック”。

トゥルナバ氏はまた、消費者には猶予期間の利用条件の変更について事前に知らされておらず、「情報に基づいた決定を下すことが困難」になっていると述べ、商業銀行は猶予期間を利用する前に有効なスケジュールに従って支払いを確実に受け取る必要があると指摘した。 。

同氏は、利用者には猶予期間や以前の支払スケジュール以前の条件への復帰を要求する機会があり、そのためには「関連サービス金融機関」に申請する必要があると付け加えた。

国立銀行関係者はまた、以前のスケジュールに戻すことは「融資を中止することと同じではない」と指摘し、国民に「より責任を負い」、年金受給者とその家族に「正しい情報」を提供するよう求めた。

このような不正確な情報が意図的または非意図的に広められたのであれば、私たちは明確にするよう求めますが、古いスケジュールに戻すことが融資をキャンセルすることを意味するものではないことが、やはり年金受給者の利益になります」と彼女は付け加えた。

トゥルナバ氏は、以前の支払いスケジュールに戻すプロセスは銀行と年金受給者の「相互作用」であると説明し、銀行は融資延期中に未払い利息を返還する義務があり、借り手も延期されたお金を返す必要があると付け加えた。