ロシアに対する法的闘争は政府の平和的社会復帰政策の一環 – 副首相

Thea Tsulukiani, the Georgian Vice Prime Minister, on Thursd…

ジョージアのテア・ツルキアニ副首相は木曜日、国際法廷でのロシアに対する政府の法廷闘争は、ロシア占領下のアブハジアとツヒンバリ(南オセチア)地域を平和的に再統合する政策の一環であると述べた。

同高官は報道コメントの中で、2012年の政権発足以来、平和的社会復帰に対する政府の「不可逆的な」姿勢を強調し、国内国民は領土の占領、併合、喪失を「決して容認しない」と述べた。

同氏は、2008年の両国間の戦争前、戦争中、戦争後の状況に関する訴訟において、政府が欧州人権裁判所と国際刑事裁判所においてロシアに対する法的勝利を保証していると指摘し、その結果はロシアに対する政府の平和的アプローチに利益をもたらすだろうと付け加えた。地域。

[これらの地域は]平和的にのみ再統合されるべきであり、またそうされるだろう」とツルキアニ氏は述べた。

ツルキアニ氏は、木曜日にモルドバで開催された欧州政治共同体サミットでのイラクリ・ガリバシビリ首相のメッセージを「最高」と称賛し、同政府首脳が1990年代に独立を回復した「誇り高き国の誇り高い指導者」であると表明したと述べた。主権を確立する前に「血のコスト」を主張し、欧州連合への加盟を目指して努力していました。

同氏はまた、ジョージア州に加盟候補資格を与えるために昨年ブロックが概説した12項目の条件の履行に政府が取り組んでおり、決定は12月に予定されていると強調した。

ツルキアニ氏は、EU機関による「実力に基づく決定と政治的決定の両方の場合」、国民と国は加盟資格について前向きな決定を「受けるに値する」と主張した。

副首相は、「加盟国がその地位について唯一正しい決定を下す日を、非常に忍耐強く待っている」と述べ、首相が在任中に西側諸国のパートナーから地位について口頭で支援を受けていたことが「重要」だったと指摘した。モルドバ。