黒海の都市バトゥミで国際船員デーが祝われた

Georgia’s Black Sea city of Batumi on Saturday marked the an…

ジョージア州の黒海都市バトゥミは土曜日、毎年恒例の国際船員デーを祝い、この日を祝うブラスバンドの演奏を背景に、バトゥミ国立海事アカデミーの船員と学生が市内の海沿いの大通りから港まで行進した。

写真提供:経済省

経済省によると、祝賀会はバトゥミで一日中続き、海事産業の発展に対する特別な貢献をした船員たちを表彰する式典など、さまざまなイベントが行われる予定だという。

写真提供:経済省

地方政府と中央政府の当局者らが演説し、レヴァン・ダヴィタシュビリ経済大臣は船員らの国への忠誠心と名誉ある奉仕に感謝の意を表し、ジョージアにおける海洋教育の重要性を強調した。

写真提供:経済省

海上交通の発展は我が国にとって非常に重要であり、ジョージアは海洋国であり、この方向で国際社会における地位をさらに確立することになる」とダヴィタシュビリ氏は指摘し、政府の「一貫した目的のある政策」を強調し、ジョージアを「国際海事コミュニティの「ふさわしいメンバー」です。

写真提供:経済省

同氏は、政府の政策はインフラ整備と、ジョージアの黒海にある町アナクリアでの深海港の建設を含む「野心的なプロジェクト」の実施を目的としており、これにより黒海の海洋国としてのジョージアの役割が「さらに強化される」と述べた。 。

バトゥミ国立海事アカデミーのシミュレーションスペースの開設に出席した経済大臣。写真提供:経済省

経済大臣は、船員の日の一環として、バトゥミ国立海事アカデミーに新たに国際標準のシミュレーションスペースが開設され、同大学の学生に実践的な訓練を受ける機会が与えられることにも出席した。