内務大臣、ショビ地滑りに対する政府の対応は「効果的だった」と述べ、救急サービスの「真の改善」を挙げた

ジョージア内務大臣ヴァフタン・ゴメラウリは金曜日、議会で、8月に32人が死亡した同国西部のショビリゾートでの致命的な土砂崩れに対する政府の対応は「効果的かつ時宜にかなった」ものであったと述べ、同時に緊急事態管理における「真の改善」についても詳述した。サービス。

一部の犠牲者に重要な援助を与えられなかった可能性があると主張した、災害への対応の遅れに関する野党議員の主張を拒否し、当局者は、土砂崩れにより「即時に」32人が死亡し、彼らの「重傷を負った」遺体を指摘し、こう付け加えた。通報を受けてから約30分で救助隊員、地方自治体の代表者、法執行機関が現場に到着した。

同氏は、ヘリコプターの乗組員やサーマルドローンの操縦者が対応活動にもっと積極的に関与していれば、当局がもっと多くの命を救うことができたはずだという主張を「憶測と嘘」と呼び、「個人が大量の土の下敷きになった場合には」どちらも効果的ではないと強調した。

ゴメラウリ氏は、気象条件や問題の景観を考慮すると、たとえより近代的なヘリコプターを使用した場合でも、夜間飛行は救助隊員にとって「安全ではなかった」だろうと強調した。同氏は、同国の国境警察のヘリコプターには夜間飛行に必要なハードウェアが装備されているが、「有効性が低く、安全上のリスクが高い」可能性があるため夜間作戦には使用されていないと指摘した。

救助隊員は対応活動で時代遅れの装備や制服を着て働かなければならなかったとする国内反政府派の数人のメンバーの主張に対し、同省は、2019年以来、緊急事態管理サービスが「重大な更新」を受けており、2,000万₾(8ドル)以上の費用がかかっていると述べた。百万)新しい機器に費やされました。

同庁はオフロード車、全地形対応四輪バイク、水上交通、最新の消防車など、さまざまな種類のハードウェアにアクセスできたと付け加えた。

同当局者はまた国会議員らに対し、救助隊員や消防士を含む政府機関職員の賃金は2019年以降少なくとも50%上昇し、大規模な作戦後のボーナスや2020年以降24時間勤務で働く職員の栄養補給も見られたと語った。

2015 年までは統一された組織がなく、救助サービスは自治体に従属していました。彼らの基本的な装備はソ連製で、時代遅れで、劣化していました」とゴメラウリ氏は語った。

同氏はまた、「我が国の英雄である救助隊員や消防士たちが被災地の人々を救うためにあらゆる努力を惜しまない間に」救助隊員や政府の取り組みについて「嘘と偽情報を広めた」として国内反政府勢力の一部を非難した。