IMF、ミッションヘッド訪問後、ジョージア州に4,000万ドルを用意

The International Monetary Fund on Thursday announced the co…

国際通貨基金は木曜日、ジョージアとの待機協定に基づく第2次審査が完了し、このプロセスにより同国が約4,000万ドルの支援を受けられるようになったと発表した。

この承認は、IMFのジェームス・ジョン代表団長のジョージア訪問中に行われ、ジョージア当局との「生産的な議論」があったと述べた。

同基金は、ジョージア経済は「堅調な観光業、中継貿易、ロシアのウクライナ戦争をきっかけとした金融流入によって牽引され、賢明なマクロ経済政策に支えられ、好調な推移を続けている」と述べた。

ジョン氏は自身のコメントの中で、同国の経済は「ロシアのウクライナ戦争と賢明なマクロ経済政策による限定的な悪影響を反映して、パンデミック以降好調に推移している」と述べた。

ウクライナ戦争をきっかけに観光客の活況と移民、金融流入、通過貿易の急増が成長と財政収入を押し上げ、経常収支とラリを強化した」と同氏は指摘した。

IMF代表はまた、国内経済成長率は「2023年には5%をわずかに上回る潜在金利に収束する」と予想される一方、インフレ率はジョージア国立銀行の目標である3%を下回る水準にとどまるとの同機関の推計も共有した。

中期的には、インフラ投資と予想される世界経済・金融状況の改善に支えられ、潜在成長率に近い成長が続くと予想されます。インフレ率は2024年には目標に近づくと予想される」と同氏は述べた。

ジョン氏は提言の中で、「特に外部環境における不確実性が高い」ことを踏まえ、マクロ経済と金融の安定をさらに定着させ、包摂的な成長を支援するために、政策は引き続き財政と為替のバッファーを再構築し、改革の勢いを維持することに重点を置くべきだと指摘した。

同氏はまた、税制政策と税務管理、公共投資管理、財政リスク、NBGコミュニケーション、金融監督の分野における構造改革の勧告を実現するためのジョージア政府の努力を歓迎した。