政府はEU立候補獲得に「興味がある」が野党は「興味がない」 – 与党党首

与党ジョージアの夢党のイラクリ・コバヒゼ党首は水曜日、政府は欧州連合加盟候補者としての地位とそれに伴う国への利益を得ることに「非常に具体的な利益」を持っていると主張する一方、国内の反対派はそれを「恐れている」と主張した。承認を得た国。

コバヒゼ氏は、この地位に関する取り組みが成功すれば、来年の議会選挙に向けてGD評価の「さらなる上昇」につながるだろうと述べた。

他のすべての利点を脇に置いて、私たちはこのステータスを獲得することに主観的で非常に偏った関心を持っています、なぜなら単純に言えば、それはジョージアン・ドリームを大いに強化し、[そして]私たちの評価をさらに高めることになるからです」と彼はプレスコメントで述べた。

同議員は、国内野党の「急進派」とその「提携メディア」が、ジョージア州はその地位に「値しない」と「絶えず」主張しており、その主張を、その地位が「作り出されている」ことに対する野党の「恐れ」と結びつけていると主張した。 ]支配力が強くなる」。

欧州理事会は、ジョージアの地位に関する改革課題の実行に関する10月の欧州委員会の最終評価を経て、12月にジョージアの地位を決定する予定となっている。