政府、脱寡頭化行動計画を承認、ジョージア州のEU立候補を拒否する「理由はない」 – 首相

ジョージアのイラクリ・ガリバシビリ首相は金曜日、政府が条件の一つに対処するための脱寡頭化行動計画を木曜日に承認したことに触れ、欧州連合諸機関が同国に加盟候補資格を与えることを拒否する「理由はない」と述べた。ステータスを受信するため。

首相はまた、ジョゼップ・ボレルEU高等弁務官の今月初めのトビリシ訪問中に提起された条件に関連する「すべての問題に来週対応する」と与党が約束した。

同氏はまた、今月末までに政府が「すべての条件」を満たしていると信じていると強調し、もしジョージア州への地位付与を再び拒否すれば、その決定は「我々が容認できない非常に大きな間違いと不正義となるだろう」と付け加えた。 ”。

私たちは誰かと比較しているのではなく、特に世界、私たちの地域、そして(現在進行中のロシアとウクライナの紛争による)ヨーロッパ大陸における現在の地政学的現実を考慮すると、当然の地位を要求しているだけです。与党と議会が政府とともに確実にしてきた成果だ」と述べた。

首相が委員長を務めるジョージア州の欧州連合統合委員会が採択した脱寡頭化行動計画には、国内の「政治、経済、社会」領域への過剰な影響に対処するための制度改革の実施が含まれている。

政府は、この文書は欧州評議会およびEUのヴェネツィア委員会の勧告に従って作成されたと述べた。

駐ジョージアEU大使のパヴェル・ヘルチンスキー氏は木曜日、同国が6月末の欧州委員会の口頭評価で部分的に満たされた条件を満たしている「明らかな進歩」を認めた。

同氏は、この地位について概説された12の優先事項はすべて「同様に重要」であると強調したが、EUが脱寡頭化、国内司法、報道の自由に関する進展を「特に期待している」と付け加えた。

欧州理事会は、ジョージアの改革課題の実施に関する10月の欧州委員会による最終報告書と勧告を受けて、12月にジョージアの地位を決定する予定となっている。

ジョージアは、ロシアによるウクライナへの全面侵攻直後の2022年3月に正式にEU加盟を申請したが、条件付きで加盟候補者の地位を与えられたモルドバやウクライナとは異なり、欧州の見解を受け入れたのは同年6月になってからだ。

トビリシは、EUの動きを「歴史的」と称したが、この決定は「政治的根拠に基づくもので、功績に基づいたものではない」と述べ、欧州理事会が今年後半にこの国の進歩を「公正に」評価し、その地位を与えることへの期待を表明した。