ドイツ大使がジョージア州西部の開発協力プロジェクトを視察

Peter Fischer, the German Ambassador to Georgia, on Wednesda…

ピーター・フィッシャー駐ジョージアドイツ大使は水曜日、両国間の開発協力を通じて西部ジョージアで実施されているプロジェクトを視察した。

在トビリシのドイツ大使館は、フィッシャー氏、同大使館の経済協力チーム、KfW復興信用研究所とGIZドイツ国際協力協会の代表らが、同国西部イメレティ地域にあるゼスタポニ変電所を訪問したと発表した。ドイツから。

外交官庁は、このインフラは国の電力供給において「重要な役割」を果たしていると述べ、過去10年間で送電支援に約1億3,500万ユーロが使われたと付け加えた。

このイニシアチブに対する後者の機関の支援を通じて、新しい 470 km の送電線が敷設または修復され、400 MW 以上の容量を持つ小型水力発電所を国の送電網に接続できるようになりました。

大使館はまた、フィッシャー氏の黒海都市バトゥミ訪問中に、持続可能な都市開発と都市モビリティの改善について話し合われ、代表団は同市の自転車インフラ戦略、自転車レンタル制度、歩行者交通のコンセプトについて紹介されたと述べた。

昨年、バトゥミとジョージアの首都トビリシの運送会社のバス運転手約2,000人が、「エネルギー効率が高く安全な」運転方法や乗客とのコミュニケーションを対象とした研修セッションから恩恵を受けてきたと外交代表部は指摘した。

都市開発協力にはバトゥミの水道インフラ改善プロジェクトも含まれており、KfWは浄水場の建設や他の給水施設の改修など市内の近代的な水道施設の支援に5,500万ユーロを割り当てている。

市の「さまざまなプロジェクト」を開発しテストするための都市研究所を設立するため、市行政とGIZの間で協力覚書も締結された。