ジョージア州チナンダリがワインシンポジウムを初めて開催、「世界的に有名な」ワイン生産国の一つであることを紹介

ジョージア州東部のチナンダリ村は、ワイン専門家、ソムリエ、ジャーナリスト、ワイン業界の代表らが参加し、ジョージアを「世界で最も権威ある」ワイン生産者の一つとして紹介し、ジョージアワインの認識を高めるため、国内で初めて大審査デュヴァンワインシンポジウムを開催した。チナンダリ・エステートでのイベントに出席。

1996年に設立されたスイス協会大陪審デュ・ヴァン協会は、イタリアのコモ湖畔にあるヴィッラ・デステで長年にわたり最も権威あるワイン・シンポジウムを開催しており、チナンダリ・ワイン・シンポジウムは国家民間投資団体の主導でジョージアで開催された。 – シルクロードグループ、国家観光局とジョージア銀行の支援。

レヴァン・ダヴィタシュヴィリ経済大臣は、シンポジウムでのジョージアワインの評価と試飲は地元の起業家にとって有益であり、ジョージアワインの品質のさらなる向上に貢献すると述べた。

ダヴィタシュヴィリ氏は、ジョージア政府の同国のワイン部門への支援を強調し、国立ワイン庁がすでに2,000社以上の企業を登録しているのに対し、ジョージア夢政府が誕生する前の2012年までにワイン企業はわずか約50社しかなかったと指摘した。

私たちはジョージアワインの認知度を高めるという点で多大な支援を行っています。私たちは選ばれたターゲット市場でターゲットを絞ったマーケティングキャンペーンを実施しており、それ以来、ジョージアワインのキャンペーンには毎年資金が提供されています」と大臣は強調し、投資にはワイン工場の近代化も含まれていると付け加えた。

チナンダリ・ワイン・シンポジウムの開催は、ジョージアをワインの故郷として「威厳を持って」紹介する「機会」である、とマリアム・クブリヴィシヴィリ経済副大臣はコメントの中で述べ、このプロジェクトが「官民協力の明確な成功例」であると強調した。これは「ジョージア州が将来このようなハイレベルなイベントをさらに開催するための良い基盤になる」と付け加えた。

クブリヴィシヴィリ氏は、シンポジウムの一環として15人の著名なジャーナリストやブロガーがジョージアを訪れ、同国の観光、ワイン、美食の可能性に関する記事や記事を準備しており、それが「ジョージアの普及に確実に貢献する」と指摘した。