ジョージア首相、NATO Sec-Gen がユーロ大西洋統合、二国間協力アジェンダについて話し合う

The dynamics of Georgia’s Euro-Atlantic integration, as well…

ジョージアのユーロ大西洋統合のダイナミクス、および国と北大西洋条約機構との間の二国間協力の重要な議題は、火曜日にジョージアのイラクリ・ガリバシュヴィリ首相とNATO事務総長のイェンス・ストルテンベルグによって議論されました。

政府管理局経由の写真

ガリバシュヴィリは、ジョージア政府の「主要な優先事項の 1 つ」として NATO とジョージアの協力を強調し、Sec-Gen はジョージア首相に対する同盟の「強力な支持」を確認した、と政府管理局は述べた。

両当事者は、国の政治的支援とその実践的能力の強化の両方の観点から、ジョージアの進歩とその願望がその後の同盟の決定に「適切に反映される」ことへの希望を表明した。

ジョージアは、NATO の志望国として、同盟の「最も」信頼できる有能なパートナーの 1 つとして強調され、共通のユーロ大西洋安全保障の強化に「多大な貢献」をしました。当局者は、同国が同盟国の支援を受けて防衛能力を「大幅に」向上させたと指摘した。

会話では、ウクライナで進行中の戦争と黒海地域の困難な安全保障環境にも触れ、地域の安全保障におけるジョージアの役割を強調しました。 NATO当局者は、ジョージアの主権と領土保全に対する同盟の「揺るぎない」支持を再確認した。

リトアニアの首都で 7 月 11 ~ 12 日に開催される予定の NATO ビリニュス サミットも、双方で検討されました。