ジョージア首相、政府の決定の背後にある「国益の保護」を強調

Georgian Prime Minister Irakli Garibashvili on Friday said h…

ジョージアのイラクリ・ガリバシビリ首相は金曜日、訪問中の欧州連合高官ジョゼップ・ボレル氏との記者会見で、同国政府はウクライナ戦争に関する立場を巡り「国益を守り、考慮して」行動していると述べた。代表。

ガリバシビリ氏は、ジョージアがロシアのウクライナ侵攻以来、ウクライナを支援する「500以上の決議」に参加していると指摘した。

ジョージアはNATO加盟国でもEU加盟国でもないことを皆さんに思い出していただきたいと思います。今日、我が国は自国の国益を守り、考慮して行動しています。私たちの国の20パーセントは占領されています」とガリバシビリ氏は語った。

政府首脳は、ジョージアのロシア占領地を「我が国の外交政策の主要優先事項の一つ」として不承認とする方針を概説し、さらに「我々が参加しない決議や声明には参加しないが、我々はそれに基づいて参加する」と指摘した。国益」。

私たちは我が国の(ロシアの)占領地域の不承認政策を考慮し、危険性とリスクを測定し、私を信じています、私たちにはこれだけの動機があります。ロシアのウクライナ侵略、民主主義、人権に関連する一般的な問題に関連する他のケースでは、我々は完全に欧州連合に参加し、同じ意見を持っている」と同氏は述べた。

首相はまた、「認可された(ロシアの)航空会社は一社も、認可された航空機もジョージア州を飛行していない」と述べ、政府がこの問題に関して「完全にクリーンかつ透明性をもって取り組んでいる」と強調した。

ロシアのウクライナ侵攻、侵略、そして現在進行中の戦争は、全世界の課題を変えた。国際ルールに基づく秩序が変わりつつあり、これは確かに我が国にとっても大きな課題だ」と同氏は会見で語った。

「わが国の国土の20パーセントはいまだ占領されており、ロシア占領軍がわが国の領土に駐留しているため、わが国は特別な状況にあると躊躇なく言う。私たちは2008年に(ロシアとの)戦争を経験したが、それは壊滅的な戦争だった」とガリバシビリ氏は語った。

ガリバシビリ氏は、「我が国の地域と我が国だけでなく、欧州全体として、欧州大陸は第二次世界大戦後、このような課題に直面したことは一度もなかった」と述べ、「困難な」地政学的状況を強調した。