ジョージア首相、議会でジョージア州のフランコフォニーを祝う「長く豊かな伝統」を称賛

ジョージアのイラクリ・ガリバシビリ首相は金曜日、トビリシで開催され、五大陸の90カ国が参加する政治対話のフォーラムであるフランコフォニー議会の第48回欧州地域本会議で、ジョージアの「長く豊かなフランコフォニーの伝統」を称賛した。 。

政府首脳は演説の中で、議会加盟国から40の代表団、約250人の代表者を集めてこのイベントを主催することは「大きな喜びであり光栄」であると強調した。

首相は、国内のフランス語を話すコミュニティを指して、その規模が「控えめ」であるにもかかわらず、「間違いなく世界で最も熱心でダイナミックなコミュニティの一つ」であることを強調し、フランス語を学んだ後はフランス語が「特に大切にされている」と付け加えた。フランス。

首相は、木曜日に首相に勲章と勲章を授与した議会事務総長の指導者とメンバーに感謝の意を表し、この受賞により自国でフランス語を促進するさらなる責任が首相に課せられたと述べた。

ガリバシビリ氏は、ジョージア国民の「フランス語およびフランス語圏文学に対する無条件の愛」を強調し、フランス・ルネサンスのジョージア代表団とムザゴ・ドクトゥリシビリ大統領の役割を称賛し、彼を「ジョージア語圏およびフランス語圏全体の支柱」と呼んだ。

同氏はまた、最近の国内のフランス語圏コミュニティの集まりの後、ジョージアの読者によって選ばれたフランス語圏の作家を表彰するジョージア・ゴンクール賞の創設にも言及した。

ガリバシビリ氏はまた、フランス語作品のジョージア語翻訳の編集を専門とするアゴラ出版社とフランス語学校の活動にも言及し、後者を国内のフランス語圏コミュニティの「本拠地であり象徴的な場所」だと述べた。同氏は、子どもたちが言語を流暢に話すという「家族の伝統を守る」ためにこの学校で学んだと述べた。

首相は、同国がパリ国際ブックフェアの準備を進めており、ジョージア州が来年度の主賓として紹介される予定であると述べ、同イベントで同国の代表が「文学、詩、文化の宝物」を発表することになると付け加えた。フランス語。

同氏はまた、フランス政府がトビリシの大使館を通じてフランス政府と協力して、若者がフランス本拠の大学やフランス語の大学で学ぶための奨学金を設立したことにも言及した。

首相は、国際教育センターが「主要大学やインターナショナルスクールで得た知識をジョージアのために活用できるよう」フランスで学び訓練する意欲のある候補者を選定していると付け加えた。

同氏はまた、ジョージア州におけるフランス語圏大学庁の取り組みに感謝し、同大学とジョージア州教育省との間で昨年、協力を強化する協定が締結されたことに言及した。

この協定は、AUFに加盟しているジョージアの6大学の利益のために、我が国政府が科学フランス語圏を発展させる用意があるという事実の好例である」と同氏は述べ、ジョージアの学生や研究者がAUF加盟大学との大学交換プログラムに参加していると付け加えた。その支援を通じて国々に貢献します。

ガリバシビリ氏はまた、外務省とフランス語圏国際機関との間の別の研修プロジェクトを強調し、フランス語を話す専門家の集団を強化するためにジョージアの外交官を訓練していると述べた。