ジョージア首相、ウズベキスタンとの初訪問で「友好的」かつ「継続的に発展している」関係を称賛

ジョージアのイラクリ・ガリバシビリ首相は月曜日、ウズベキスタンのアブドゥラ・アリポフ首相のトビリシへの初公式訪問中に、ウズベキスタンとの「友好的」かつ「継続的に発展している」政治、経済、貿易関係を称賛した。

政府当局によると、ガリバシビリ氏は公式レセプション後の首相官邸での対面会談で、両国が今日後半に二国間協力をさらに強化するための実践的な措置の行動計画に署名すると発表した。

ジョージア政府首脳は、昨年のウズベキスタン公式訪問と同国の当局者らによる「温かい歓迎」を思い出し、二国間協力が「あらゆる方向に」発展していると強調した。

ガリバシビリ氏は、過去2年間で貿易額の「大幅な増加」が見られたと指摘し、ジョージアに対するウズベキスタン投資家の「関心の高まり」を歓迎した後、両当局者は両国間の「経済貿易の可能性を最大限に活用する」用意があると表明した。

当局者らはまた、ジョージアの交通の可能性、カスピ海横断国際輸送ルートである中間回廊の重要性、国際形式での同ルートの推進についても議論した。

ジョージア首相はまた、ウズベキスタン政府が民主改革に関する経験を共有するためにウズベキスタンと協力を継続すると約束した後、新しく選出されたウズベキスタン大統領シャフカト・ミルジヨエフに祝意を表した。

アリポフ氏は「友好的な歓迎」に感謝の意を表し、自身と代表団が「到着した最初の瞬間」から「ジョージア国民特有の伝統的なもてなしと心からの敬意」を感じたと強調した。

同首相はまた、今回の訪問が、1年前にガリバシビリ氏の祖国訪問によって始まった二国間対話の「論理的継続」であると強調した。

政府報道局によると、当局者らの会談に続いて延長形式での会談が行われた。