ジョージア首相、ハヌカですべてのユダヤ人を祝福

Agenda.ge

Georgian Prime Minister Irakli Garibashvili on Sunday “heart…

ジョージアのイラクリ・ガリバシヴィリ首相は日曜日、「歴史的な故郷」であるイスラエルに戻った仲間のユダヤ人市民と「兄弟」、そしてエルサレムの復興を記念するハヌカ祭で世界中のすべてのユダヤ人を「心から」祝福した。

ジョージア人とユダヤ人の何世紀にもわたる友情、私たちの共通の祖国であるジョージアの進歩に対するユダヤ人コミュニティのたゆまぬ支援は、ジョージアの歴史と公的生活の不可欠な部分でした」と、ガリバシビリは彼のFacebookの投稿に書いています。

政府の首長は、「兄弟愛をさらに強化」し、ジョージアとイスラエルの間の協力を深める責任を強調し、ユダヤ人の「お祭りムードを共有した」と指摘し、彼らとその家族が「平和、繁栄、進歩」することを願った。

ハヌカは 8 日間にわたるユダヤ教の光の祭典で、悪に対する善の勝利と、精神、自由、正義の重要性を象徴しています。ユダヤ人は祝祭の初日にろうそくを 1 本灯し、1 日 1 本ずつ本数を増やしていくため、ハヌカの最終日には燭台 (本枝の燭台) に 9 本のろうそく (補助ろうそくであるシャマシュを含む) が光ります。