ジョージア議会代表団と英国当局者がロシア占領、欧州・大西洋統合について協議

ジョージアのロシア占領地域であるアブハジアとツヒンバリ(南オセチア)の現状、地域の安全保障環境、同国の欧州・大西洋統合のプロセスについて、火曜日、ジョージア議会の国防安全委員会の代表団とジョージア政府の代表団との会合で議論された。ロンドンの英国政府職員ら。

立法府によると、代表団は英国内務省や内閣府のほか、国家安全保障会議の「高位」代表や国防・安全保障シンクタンクである王立ユナイテッドサービス研究所のデービッド・リディントン会長らとも会談したと発表した。訪問中に。

双方はまた、両国間の安全保障・防衛パートナーシップと関連機関間の協力の「主な方向性」についても議論し、当局者らは「全範囲」の事態に対応してジョージアの防衛能力と国土強靱性を強化する英国の支援の重要性を強調した。ハイブリッドの脅威。

ジョージア側は、ジョージアと「欧州大西洋空間」双方の「本格的な」安全保障を確保するために同国のNATOへの統合が「必要性かつ緊急の必要性」があると指摘した。

会合にはソフィー・カツァラヴァ駐英ジョージア大使、イラクリ・ベライア立法機関国防安全保障委員会委員長のほか、イラクリ・チコバニ議員、アレクサンドル・タバタゼ議員、カティア・ツィロサニ議員らが出席した。