ジョージア中央銀行、国際制裁遵守を修正し、裁判所の判決なしに国民を免除する

ジョージア国立銀行は火曜日、ロシアのウクライナ侵攻に対する国際金融制裁の順守に関する規則を修正し、ジョージア国民は国内裁判所の判決なしに制裁を免除されると発表した。

同団体は、「ジョージア州憲法と推定無罪に基づき」、同国の国民の「権利と自由を完全に実現する」ことを目的として規制の変更を行っていると述べた。

この制限は、先週ロシアとの関係の疑いで米国国務省から制裁を受けたオタール・パーツハラゼ元検事総長の銀行資産と金融取引へのアクセスを制限するという中銀の火曜日初めの決定を覆すものである。

NBGは、当初の決定の取り消しを説明する火曜日のフォローアップ声明の中で、ジョージアの裁判所から「該当する事件で有罪評決が下されない限り、ジョージア国民に対して国際制裁は適用されない」と考えていると述べた。

NBG知事令の修正案は、ジョージア国民に対して国内裁判所から「法的拘束力のある有罪判決」が出された場合に、ジョージア国民および同国から制裁対象国民が所有する株式を保有して同国に登録されている法人を制裁する規定を設けている。彼ら。

同中銀はまた、同国の金融セクターは国際制裁を「完全に順守して」運営していると述べた。