ジョージアは国際制裁政策に引き続きコミットし、パートナーとの「緊密な協力」を継続 – ロシアの飛行禁止とビザ要件の解除についてFM

ジョージアのイリア・ダルキアシヴィリ外相は水曜日、ジョージアはウクライナ侵攻で同国に課せられたロシアに対する国際制裁に関する政策を引き続き堅持しており、ロシア政府が航空便の運航禁止措置を解除した後もパートナー国との「緊密な協力」を継続すると述べた。ジョージア州とその国民のビザ要件について説明します。

ダルキアシビリ外相は、ジョージアは「あらゆる制裁」の回避を防ぐために国際パートナーと「緊密に協力」していると述べ、同国はすべての貿易業務を「透明かつ公然と」行っていると付け加えた、と外務省は述べた。

ロシア政府の決定がジョージアに加盟候補資格を与えるという欧州連合の決定に影響を及ぼすかどうかという質問に対し、FMは「すべての問題を同国の欧州統合に帰するのは誤り」であると指摘した。

私たちは、なぜジョージアが常にそのような不可解な評価の対象となるのかを明確に指摘しなければならないが、一方、[そのような場合には]すでにEU加盟候補者の地位にある私たちの友人でありパートナーであるモルドバには何の疑問も持たない」とダルキアシヴィリ氏は強調し、ジョージアを強調した。 EUの条件を満たすために一貫して措置を講じており、「欧州統合は主要な外交政策の優先事項の1つ」であるため、今後もそうし続けるだろう。

同大臣は、ロシア政府が本日、5月15日からジョージア国民に90日間のビザなし旅行を導入し、両国間の航空旅行を再開するという決定を「独自に」行ったことを指摘し、ミハイル・サーカシビリ前大統領の判決の際に国民に思い出させた。政府はロシアとのビザ制度を一方的に取り消したが、これはロシア・ジョージア戦争の「直後」だったため、「慎重な」決定だった。

同氏は、「100万人以上」のジョージア国民がロシアに住んでおり、彼らはジョージアの家族や親戚と「非常に密接な関係」にあると述べ、「人道的見地から」「責任ある」政府であればロシア政府の決定を歓迎すると強調した。それはジョージア国民の生活条件を容易にするからです。

ロシアとジョージア間の航空便は、2019年にジョージアの首都で開催された集会に応じてロシアによって一時停止されていたが、これは国際宗教会議中にロシア議員が立法機関の国会議長の座に就いた事件をきっかけとしたものである。ロシアによるジョージア領土の継続的な占領。

前ジョージア政府は、2008年のロシアによるジョージア侵攻を受けてロシアとのビザ制度を導入したが、2012年にミハイル・サーカシビリ前大統領が一方的にビザ制度を取り消した。