ジョージアはNATO基準に「完全に適合」、残されたのは同盟の政治的決定のみ – 国会議長

ジョージア議会のシャルバ・パプアシビリ議長は土曜日、ジョージアと同国の軍隊と機関はNATOの基準に「完全に適合」していると述べ、「残る唯一のものは同盟加盟国の政治的決定だ」と指摘した。

パプアシビリ氏はメディアへのコメントの中で、国家機関と民主主義の強さの点でジョージアが一部のNATO諸国よりも優れていると強調し、加盟国に向けて一部の改革を「まだ」実行するという呼びかけは口実にされていると強調した。 、国は同盟のメンバーになるために「あらゆる可能な方法で準備ができていた」ためです。

残念ながら、NATO自体には政治的決定を下すのに必要な準備ができていない」と彼は付け加えた。

パプアシビリ首相は、最近のNATOビリニュス首脳会議は、国内で戦争が続く中、ウクライナに焦点を当てたと述べたが、ウクライナ人自身が「首脳会談の結果に満足していない」と指摘し、「NATO加盟国がウクライナ問題に慎重であるのは理解できる」と強調した。決定」。