ジョージアとEUの関係、環境保護、気候変動がジョージアの「EUへの道」会議で議論される

ジョージアの首都トビリシは木曜日、ジョージア議会と東部パートナーシップ市民社会フォーラムのジョージア国家プラットフォームが主催する「ジョージアの欧州連合への道」会議を主催した。

会議では、環境保護、農業、経済統合、労働者の権利など、さまざまな重要な議題に焦点が当てられました。

会議で演説したシャルバ・パプアシビリ国会議長は、ジョージアと欧州連合との関係に専念し、それは「(同国にEU候補資格を与えるためにEUが定めた)12の勧告をはるかに超えている」と述べた。

過去 1 年半にわたり、ジョージアの政治は主に 12 の勧告の問題に夢中になってきた [。。。] これらの勧告は、ジョージアが欧州連合に近づく機会を提供するものであるため、極めて重要である。 […]しかし、[…]ジョージアとEUの関係は、連合協定と、ヨーロッパ家族の一員であることが真に何を意味するかを概説するより広範な議題によって定義される」とパプアシュビリ氏は述べた。

ジョージア議会環境保護・天然資源委員会のマイア・ビタゼ委員長も会議で演説し、環境保護と気候変動への適応の重要性を強調し、「これらの問題の解決は、法律行為の規制」。

同氏は、ジョージア州は2014年以来、約200の法律、指令、規制の「調和を開始」していると述べた。

[このプロセスは]法的行為の導入という点で非常に成功したと言え、我々は法的行為の約65パーセントを国内法に導入しました」とビタゼ氏は述べた。

この会議は2回目の開催で、7月25日に初会合が開催され、司法と選挙改革に関する問題が議論された。