ジョージア、「強力な政治的、外交的手段」でウクライナとの団結を示す – 国会議長

ジョージア議会のシャルバ・パプアシビリ議長は木曜日、ダブリンで開催された欧州議会議長会議で演説し、ジョージア領土内でのロシアの不法軍事駐留のさなか、ジョージアは「言葉だけでなく強力な政治的・外交的手段でもウクライナとの連帯を示してきた」と述べた。 。

パプアシビリは、自国がウクライナを支援するためにすべての主要な国際機関や機関によって作成または提案された「何百もの」決議、声明、共同声明、その他の取り組みを後援し、参加し、あるいは支援してきたと指摘した。これには国際刑事裁判所への申請も含まれ、また、レイキャビク宣言に参加。

同氏は、ロシアの対ウクライナ戦争は「既存の安全保障体制を損なっただけでなく、ウクライナに多大な損害を与え、ヨーロッパの平和への希望を打ち砕いた」と強調した。

しかし、私の国ジョージアにとって、この侵略は驚くべきことではありませんでした。実際、国際的に認められた国境内でのウクライナの主権と領土一体性に対するジョージアの支持は、国際法を尊重するだけでなく、ウクライナの痛みと苦しみを理解しているため、断固としたものであり、取り返しのつかないものである」とパプアシュビリ氏は強調した。

同高官は演説の中で、ジョージアは「2008年にロシアによる本格的な軍事侵略を初めて経験した」と述べ、侵略に対する国際的な対応は「弱く、一時的で、効果がなかった」と強調した。 「幸いなことに、ジョージアの場合とは異なり、今日ではロシアの攻撃的な行動に対してヨーロッパ諸国が強力かつ団結した反応を示している」と付け加えた。

私たちは侵略者たちに、平和以外に選択肢はないことを思い出させなければなりません。 [。。。]私たちは皆団結して、国際法が尊重され、国境が守られ、すべての国の権利が保護されることを要求しなければなりません」とパプアシビリは指摘し、ウクライナがこの戦争に勝つと強く信じていると述べた。

「ジョージアは、平和なヨーロッパへの希望が実現できる世界の構築に貢献するだろう」とジョージア当局者は会議で語った。

パプアシビリは、ジョージアとウクライナの緊密な友好関係を強調し、欧州連合とNATOへの加盟という「共通の将来像」を共有し、「欧州の価値観に根ざしており」「歴史的にウクライナに属している」国々に報いる時が来たと強調した。ヨーロッパの家族。