欧州理事会、欧州路線におけるジョージアへの支持を再確認する文書を採択 – 外務省

ジョージア外務省は土曜日、欧州連合加盟国の首脳らが10月26、27日の欧州理事会で、欧州への道を歩むジョージアへの支持を再確認する文書を採択したと発表した。

ブリュッセルでの会議で承認された最終結論の中で、EU首脳は、EUが「引き続きウクライナ、モルドバ、ジョージアと緊密に連携し、欧州路線での改革努力を支援する」と述べた。

同文書によると、ジョージア州は昨年すでにEU加盟候補資格を取得している他の関連トリオ郡とともに、EU圏拡大政策の文脈で支持されていると外務省は強調した。

ジョージアは昨年、欧州の視点を与えられ、加盟資格を得るためにEUから履行すべき12の優先事項を受け取った。

欧州委員会は11月にジョージア州の条件実施の進捗状況を評価し、候補者としての決定は年末に発表される予定だ。