ジョージアとドイツのFM間の会合に焦点を当てたEU統合プロセス

Georgia’s European Union integration process was discussed o…

ジョージアの欧州連合統合プロセスは日曜日、ニューヨークでの国連総会の傍らで行われたジョージアのイリア・ダルキアシヴィリ外相とドイツのアンナレナ・バーボック外相との会談で議論された。

ジョージア外務省によると、ダルキアシビリ氏は、ジョージア政府が今年後半に欧州連合(EU)加盟候補者としての地位を与えるための条件を満たすために行った取り組みについて、バーボック氏に「詳細な」情報を提供したという。

ジョージアのトップ外交官は、同国の進歩とさまざまな方向で実施された改革が「適切に」認識され、「同国の候補者としての地位を与える関連決定に反映される」ことへの期待を表明した。

当局者らはまた、二国間および多国間協力と両国間の緊密なパートナーシップについても検討した。

ダルキアシビリ首相は、ジョージアの主権と領土一体性に対するドイツの「強力な支援」に感謝の意を表した。