ジョージアの EU は議会に対し、非合法化法案に関するベニス委員会の勧告を求めるよう要請する

Agenda.ge

月曜日、ジョージアの欧州連合代表は、国の議会に対し、欧州評議会のヴェネツィア委員会からの勧告を求め、承認のために検討されている国内の非独占化法案に関するフィードバックを検討するよう求めた。

与党ジョージアン・ドリーム党が EU 加盟候補の地位を獲得するための条件を達成するための作業の一環として提案したこの法案は、1 回目と 2 回目の審議で既に採択され、最終審議のみが行われています。

非独占化法案が第 2 読会を通過しました。ベニス委員会の意見は、その採用前に要求され、実施されるべきであるという強い提案を繰り返します」と EU 代表団は述べました。

国内の政治家による同様の訴えに応えて、与党の高官は、それがウクライナの非独占化法に基づいて起草されたことを指摘し、後者は世界的に「ユニーク」であり、EUの関連機関によって承認されたことを指摘した。

ジョージア議会は、1 回目と 2 回目の読会で非独占化法案を採択しました。写真:議会広報室。

彼らはまた、ウクライナの法律に関するベニス委員会の勧告を待っており、ジョージアの法案について議論する際にコメントを使用する予定であると述べた。しかし、ウクライナはこれまでのところ、その法律に関するフィードバックを受け取っていません。

我々は[党内で]協議を行い、これまで委員会がウクライナの法律について勧告を出さなかった理由と、[ジョージアにとって]勧告を要求することに意味があるかどうかを議論する。おそらく、委員会は法律に関する勧告を出す予定はまったくないでしょう」と、議会の与党党首であるマムカ・ムディナラッゼは先週語った。

法案に関するコメントの中で、反対派の一部は、与党の創設者で元首相であるビジナ・イヴァニシヴィリを国の「影の支配者」として「含めなければならない」と述べているが、法案の作成者は文書で概説されているオリガルヒを定義するための基準と、法案で特定の名前に言及することは「非常に非民主的」になると述べた。

先週ジョージアにいた間、近隣と拡大のための EU コミッショナーである Oliver Varhelyi は、ブロックによって要求された法改正は「特定の個人には適用されない」と述べた。