EU加盟、ジョージアFMとブロック当局者間の会合で協力が焦点

The process of Georgia's accession to the European Union, th…

ジョージアの欧州連合への加盟プロセス、両国間の協力の現在の議題、および今後の措置については、水曜日、ジョージアのイリア・ダルキアシュヴィリ外務大臣とオリバー・ヴァルヘリイEU近隣拡大担当委員との会談で議論された。

ジョージア外務省によると、ダルキアシビリ氏はブリュッセルへの実務訪問の一環で、欧州委員会の近隣・拡大交渉総局長のゲルト・ヤン・コープマン氏とも会談した。

会合では、EU拡大政策に関連してジョージア政府が行った努力が強調され、同国が作成した報告書と欧州委員会の口頭評価の両方に反映された。

当局者らは、今年後半に同国に加盟候補資格を与えるためのブロックの条件履行における現在の進捗状況を検討し、さまざまな方向で実施された改革は「前向きに」評価された。

首脳らはまた、ジョージアとEUの協力の「全方向」を肯定的に評価し、部門別・経済統合と将来計画の面で取られた措置に「特別な注意」を払った。

会合ではまた、ジョージアの「重要な」役割と接続性の観点からの国の戦略的機能を強調し、ジョージアを経由して中央アジアとヨーロッパを結ぶ中間回廊物流ルートの概念の枠組み内でトランジット方向で実施されたプロジェクトを「積極的に」指摘した。

議論では黒海地域の安全保障環境と地政学的課題にも触れ、ジョージアのEU統合への「さらなる前進」に向けたステップについて意見交換した。