Enterprise Georgia CEO が 3 年間のレポートで 25 の国際プロジェクト、6,000 人の新規雇用、₾10 億投資を強調

Agenda.ge

起業家精神、投資、輸出を促進する州機関エンタープライズ・ジョージアの最高経営責任者(CEO)ミハイル・キドゥレリ氏は火曜日、ジョージアへの投資活動を通じて2020年から2023年の間に25の国際プロジェクト、6,000人の新規雇用、そして10億₾10億(3億7000万ドル)の投資が創出されたことを強調した。部門。

キドゥレリ氏は同省の取り組み発表イベントで、先進国の投資機関が「対外直接投資総額のわずか10%に過ぎず、我々の機関はこのデータを完全に満たしている」と語った。

写真: エンタープライズ ジョージア

同氏は、政府機関が3か年戦略を過度に達成したと述べ、新たな投資を呼び込み、新たな分野をターゲットにする新たな戦略の策定作業が進行中であると発表した。 「私たちは国際的なパートナーと協力して、すぐにさらに多くの成果を上げることができると確信しています」と彼は付け加えた。

エンタープライズ・ジョージア社は、3年間の戦略の中で、インベスト・イン・ジョージア社は潜在的な投資家企業のリストを作成し、2,700社以上と接触し、300回以上の会合を開催したと述べ、国際的なコンサルティング会社と協力してプロジェクト検索プログラムも開始したと付け加えた。戦略の一部。

レヴァン・ダヴィタシヴィリ経済大臣、イリア・ダルキアシヴィリ外務大臣、ラシャ・クツィシヴィリ財務大臣が発表会に出席した。写真: エンタープライズ ジョージア

同省はまた、潜在的な投資家がこの国への投資を決定できるよう支援するため、立地コンサルタントとの協力を開始し、過去3年間で25人以上の専門家を受け入れた。

また、ジョージア州のビジネス環境に対する意識を高めるための国際的なメディア キャンペーンも実施しています。エンタープライズ・ジョージア社は、ジョージア州の投資可能性に関する50以上の記事やレポートが、報告期間中にブルームバーグ、fDiインテリジェンス、グローバル・ファイナンスなどのさまざまな世界的メディアに掲載されたと述べた。

写真: エンタープライズ ジョージア

国際企業に投資額の最大15パーセントを回収する機会を与える州のFDI補助金プログラムも開発され、すでにLineateとGirtekaの2つの多国籍企業が参加している。

キドゥレリ氏は、報告期間中に行われた活動の結果、大手国際企業インドラマ、ギルテカ、テレパフォーマンス、コンセントリックス、東京電力などがジョージアに投資を行ったと述べた。

同庁は投資誘致においてその経験をパートナー国とうまく共有している」と同氏は付け加えた。

国際金融公社、米国国際開発庁、欧州復興開発銀行、ドイツ国際協力協会、国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジョージア、UN Women、オーストリア開発庁、EUなどの国際パートナージョージアへの代表団は、同庁の投資誘致戦略の実施も支援した。