経済大臣は政府が年末までに発電機をウクライナに送ると言う

Agenda.ge

Georgian Economy Minister Levan Davitashvili on Monday said …

ジョージアの経済大臣レヴァン・ダヴィタシヴィリは月曜日、彼の政府が年末までに発電機を援助の形でウクライナに送ると述べた。

Davitashvili は、進行中の敵対行為の一環として、ウクライナの電力会社がロシアのストライキの標的にされていることを背景に、ウクライナ当局からのハードウェアの要請を受けて、「さまざまな容量」の発電機の購入が開始されたと指摘した。

ウクライナのカウンターパートから、発電機やその他の電気機器の支援を依頼されました。残念ながら、予備の発電機の在庫はありませんでした。その後、ジョージアの首相が特定の決定を下し、私たちはこれにリソースを割り当てる任務を受け、調達プロセスが開始されました」と政府関係者は述べました。

「(ウクライナは)非常に信頼性の高いハイテク発電機を受け取るでしょう。当社の専門家チームがこれに関与しています。調達プロセスはすでに進行中であり、発電機は年末までにジョージアから送られる予定です」とダビタシビリ氏は続けた。

彼はまた、選択された発電機の範囲は、「最大の柔軟性」を提供するさまざまな容量のものであり、ウクライナで個々の建物とブロックの両方に使用できると述べました。

12 月 8 日、ジョージア政府行政長官の Revaz Javelidze 氏は、同国のイラクリ・ガリバシヴィリ首相が経済省に対し、ウクライナへの援助として「可能な限り最短の条件で」発電機を購入するよう指示したと述べた。