経済大臣:2023年の投資動向は「前向き」で、取引高は10億ドルを超える

Georgian Economy Minister Levan Davitashvili on Tuesday said…

ジョージアのレヴァン・ダビタシュビリ経済大臣は火曜日、同国への海外直接投資の「前向きな動き」は今年も続いており、その額は2022年に20億9,800万ドルの「過去最高」に達した後、最初の2四半期で10億ドルを超えたと述べた。

ダヴィタシビリ氏は、起業家精神、投資、輸出を促進する州機関であるエンタープライズ・ジョージアの一部門であるインベスト・イン・ジョージアの2020年から2023年報告書のプレゼンテーションでコメントした。

エンタープライズ・ジョージア社の最高経営責任者(CEO)ミヘイル・キドゥレリ氏が司会を務めたこのイベントでは、同大臣が団体の活動を「成功した」と称賛し、FDIの地域が「多様」だったことを指摘した。

多くの憶測があるにもかかわらず、私たちの投資対象地域は非常に多様であり、単一の国に関連しているわけではありません。 FDIの最大50パーセントは欧州連合諸国からのもので、次に米国とペルシャ湾岸諸国が続く」と同氏は述べ、成果達成における同機関の役割を称賛した。

同大臣は、化学メーカーのインドラマ社やエネルギー会社の東京電力やマスダール社などの「最大の国際企業」が国内で事業を開始したことは、投資誘致のために行われた取り組みの「効果」を示していると付け加えた。

一般に、海外直接投資は、経済発展と経済変革においてジョージア経済において特別な役割を果たしている[。。。]それは単なる経済成長ではなく、単なる数字や結果ではなく、直接雇用と新たな雇用である」と同氏は述べた。

同大臣はまた、同国で形成された情報技術とビジネスプロセスのアウトソーシングの新たな分野が「重要な雇用主」であると指摘し、同国へのFDI誘致が政府の「優先事項」であると付け加えた。