経済大臣、日本の副FMが経済関係、プロジェクトについて話し合う

Georgian Economy Minister Levan Davitashvili and Japanese De…

ジョージアのレバン・ダビタシュビリ経済相と日本の吉川祐美外務次官は木曜日、両国間の貿易と経済関係、およびこの点で近年達成された進展について話し合った。

双方は、ジョージアと日本の間の貿易売上高が2023年の第1四半期に62%増加したことを強調し、直接投資と観光でプラスの成長傾向が記録されたと経済省は述べた。

黒海沿岸のアナクリア深海港プロジェクトの進捗状況、およびそれがジョージアだけでなく地域の他の国にももたらす利益についても、当局者によって議論されました。港の運営は、何千もの新しい雇用の創出、地元住民の社会経済的地位の改善、輸送回廊の競争力の向上、そして新しい貨物の流れの誘致に貢献することが強調されました。ロジスティクスサービスの開発。

日本側は、同国の企業がジョージアのエネルギーへの投資、ならびに共同プロジェクトの作成および開発に大きな関心を示しており、アナクリア港プロジェクトが関心を持っていることを強調した。

会話では、黒海海底電気ケーブル プロジェクトと、ジョージアのエネルギー安全保障にとっての「最重要」事項にも触れました。 Davitashvili は、再生可能エネルギーがジョージア政府の「優先事項の 1 つ」であることを強調し、エネルギー分野で実施されている改革とプロジェクトについて日本の副 FM に説明しました。

ジョージアと日本の間には非常に友好的で互恵的な協力関係があり、この関係をさらに強化するための両国当局の努力も強調されるべきである」とダビタシビリ氏は述べた。

彼は、日本政府の支援に感謝し、日本は 1918 年にジョージアの独立を認め、その主権を支持した最初の州の 1 つであると述べました。ジョージアの経済大臣は、同国は日本との協力を深めることに関心があり、そのためにあらゆるプラットフォームを積極的に活用していると付け加えた。