クロアチア議会関係者、ジョージアのEU立候補は「不正義の是正」を意味すると語る

Agenda.ge

Domagoj Hajduković, the Chair of the European Affairs Commit…

クロアチア議会欧州問題委員会のドマゴイ・ハイドゥコビッチ委員長は火曜日、ジョージアに加盟候補資格を付与した欧州連合の仕組みは、同国に欧州加盟国のみを与えた昨年の決定を巡る「不公平を正す」一例だと述べた。視点。

来月この国にその地位を付与するよう欧州委員会が欧州理事会に勧告した後のコメントの中で、ハイドゥコビッチ氏は、2022年の決定は「不正義」の一例であると主張した。

ついに!私たちはこの不公平を正しています。しかし、戦いはまだ終わっていません。 [。。。] 12月には一緒にお祝いできるといいですね。ジョージアを除外するのは不当だった。これは非常に長い旅の第一歩です。あなたたちは連合のメンバーになるだろうが、問題はいつになるかだけだ」とハイドゥコビッチ氏は語った。

同当局者は、自国政府がブロック拡大を「全面的に」支持していると繰り返した。

私たちはあなたをサポートする準備ができています。占領地であっても、私たちは同様の経験をしています。私たちには他にも貢献できる専門知識があり、おそらく占領地の平和的再統合に貢献できるだろう」とハイドゥコビッチ氏は続けた。

「もちろん、(紛争によって分断されたコミュニティの)双方の意志が存在する必要があります。 [ジョージア州の場合]反対側ではそれが見られません。ジョージア側にもそれはありますが、ヨーロッパの観点からは変わると思います。おそらく(ロシア占領地域の)国民は、ロシアの国民であるよりも欧州連合の国民である方が良いと考えるだろう」と彼は結論付けた。

駐ジョージア欧州連合大使のパウェウ・ヘルチンスキ氏は火曜日、EU加盟国が欧州委員会の勧告を共有し、来月ジョージアに加盟候補資格を付与することについて「前向きな」決定を下すことを期待していると述べた。