CoE長官、トビリシに対し、性的マイノリティやその他のマイノリティーに影響を与える「根本的な理由」に対処するよう要請

欧州評議会人権委員のドゥンヤ・ミヤトビッチ氏は火曜日、ジョージア政府に対し、国内のLGBTQIの人々、宗教、その他の少数派に対する差別と不寛容の背後にある「根本的な理由」に対処するよう求めた。

ミヤトビッチ氏は、女性と性的マイノリティの権利を促進するトビリシに本拠を置く非政府組織である欧州人権裁判所の判決執行を監督した後、CoE閣僚委員会への提出文書を公表し、ジョージア政府に要請した。差別や不寛容、さらには特定のコミュニティが関与する平和的な集会や表現に関する問題に対処するために、昨年彼女が出した6つの勧告を実行することだ。

同長官はさらに、LGBTQIの人々や宗教的少数派、その他の少数派に対する社会全体の態度は国内で「徐々に改善」しているものの、度重なる差別の発生やこれらの少数派に対する不寛容の現れに対するジョージア当局の対応は「進んでいる」と指摘した。これまで、広範な根本的な理由に対処できませんでした。」

彼女の政府に対する勧告には、あらゆる形態の差別や差別や暴力の扇動に対する「ゼロ・トレランスの政策と実践」の実施、LGBTQIの人々やその他の少数派に対する重大な人権侵害に対する不処罰との闘い、特定して「効果的に対処する」ことが含まれていた。 「法執行機関や刑事司法制度内の組織文化の既存のパターン」は、そのような不処罰の促進に寄与する可能性があります。

この勧告はまた、LGBTQIの人々やその他のグループの平和的集会の自由の権利を確保し、ヘイトスピーチを防止しこれと闘い、対象地域の「人権保護に関する包括的かつ多面的な国家政策」を策定し実施するための措置を求めた。とCoE報道局が明らかにした。